ミカルディスで正常な血圧を保ち脳出血の危険を回避

ミカルディスは、高すぎる血圧を正常な血圧にコントロールするお薬です。

血圧を正常な血圧にコントロールする薬は何種類もありますが、ミカルディスはアンギオテンシンII受容体拮抗薬(ARB)と呼ばれる種類の降圧薬です。

以前は、血圧を下げる薬は、カルシウム拮抗薬という種類が多く使われていましたが、近年アンジオテンシンII拮抗薬(ARB)の人気がうなぎ昇りです。カルシウム拮抗薬を追い抜いて、主役の座を獲得するのは時間の問題と言われています。

その人気の秘密は、ARBは高すぎる血圧を正常な血圧にコントロールするだけではなく、腎臓などの大切な臓器を守る働きもある事です。

降圧薬の中には、糖や脂質の代謝に影響を与え糖尿病や高脂血症の人には使いにくい降圧薬もありますが、ミカルディスをはじめとするARBにはそのような心配はありません。

また、腎機能が良くないと使えない降圧薬もありますが、ミカルディスなどのARBは使用可能です。

利尿剤を使って降圧すると、低カリウムなどの電解質異常を引き起こしやすいのですが、ARBではそのような心配もありません。

高齢化社会の現在では、血圧が高いだけではなく様々な合併症を抱えている患者さんも少なくありません。
合併症のある患者さんには使用が危険な降圧薬もあり、今までは手をこまねいていました。
しかし、ARBの登場で、いくつもの疾患を抱える高血圧の患者さんにも光が差しこんだ、と言えます。

血圧が高い状態が長く続くと、動脈硬化を引き起こし、脳出血や脳梗塞の危険があります。また心筋梗塞などの心疾患や、腎機能の低下など様々な疾患を引き起こす可能性があります。

ミカルディスで正常な血圧にコントロールすれば、これらの危険を回避することができます。