ミカルディスや坂戸の葉酸プロジェクトと悪性高血圧

悪性高血圧は高血圧緊急症とも呼ばれ、血圧が異常に高い状態になってしまうことによって引き起こされる諸々の疾患であり、速やかに血圧を下げていくということが求められます。処置が遅れることによって死に至ることすらあるため、緊急入院、緊急手術となることも珍しいことではありません。現場における速やかな判断と処置が必要となるものの、できることであれば悪性高血圧が発症する以前に高血圧を改善するという試みやリスクを下げる生活習慣を身につけることが望まれます。
その中でも多くの人が恐れるのが高血圧脳症から生じる脳梗塞であり、その対策として坂戸市で行われている葉酸プロジェクトが注目されています。坂戸市は野菜の産地であり、地域振興をかねて野菜に多く含まれる葉酸の健康効果について研究が進められてきました。その中で、動脈硬化や脳梗塞に対する予防効果について注目を行い、葉酸の摂取を進めるプロジェクトを進めています。坂戸市でのこういった活動は悪性高血圧のリスクを下げるのに有益であると考えられています。
こういった食生活の面からの予防策が大切である一方で、血管や脳への負担を下げるために高血圧患者は降圧剤による血圧管理を行うことも重要です。ミカルディスは降圧剤として汎用されている代表的な薬です。腎臓に対する保護作用があるミカルディスは糖尿病患者にも有効性が高いとされており、生活習慣病患者には好んで用いられます。また、食べ物や飲み物との相互作用が少ないことや、同じ血圧調節系に関わる降圧剤に比べて副作用のリスクが少ないこともミカルディスが優れている点です。こういった信頼性のあるミカルディスのような降圧剤が臨床現場で血圧管理に使われるようになってきています。